210円 納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【ペティオ Petio】ペティオ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 16g×17個入 犬 おやつ ペット・ペットグッズ 犬用品 ドッグフード・サプリメント おやつ ゼリー 納期: 取寄品 キャンセル不可 お求めやすく価格改定 出荷:約7-11日 土日祝除く ペティオ Petio 16g×17個入 おやつ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 犬 4つのゼロ,出荷:約7-11日,キャンセル不可,little-stars.info,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ドッグフード・サプリメント , おやつ , ゼリー,犬,16g×17個入,土日祝除く】,Petio】ペティオ,アクアゼリー,りんご風味,/dendrolatry838676.html,210円,おやつ,【ペティオ,納期:【取寄品 4つのゼロ,出荷:約7-11日,キャンセル不可,little-stars.info,ペット・ペットグッズ , 犬用品 , ドッグフード・サプリメント , おやつ , ゼリー,犬,16g×17個入,土日祝除く】,Petio】ペティオ,アクアゼリー,りんご風味,/dendrolatry838676.html,210円,おやつ,【ペティオ,納期:【取寄品 210円 納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【ペティオ Petio】ペティオ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 16g×17個入 犬 おやつ ペット・ペットグッズ 犬用品 ドッグフード・サプリメント おやつ ゼリー 納期: 取寄品 キャンセル不可 お求めやすく価格改定 出荷:約7-11日 土日祝除く ペティオ Petio 16g×17個入 おやつ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 犬

納期: 取寄品 年間定番 キャンセル不可 お求めやすく価格改定 出荷:約7-11日 土日祝除く ペティオ Petio 16g×17個入 おやつ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 犬

納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【ペティオ Petio】ペティオ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 16g×17個入 犬 おやつ

210円

納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【ペティオ Petio】ペティオ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 16g×17個入 犬 おやつ



●電解質配合による素早い水分チャージで暑い夏にもぴったり!
●「カロリー」「脂肪分」「砂糖」「着色料」の4つのゼロがうれしい。
●ワンちゃんの好きなりんご果汁入りで、凍らせてシャーベットにするのもオススメ。

【原材料】
エリスリトール、りんご果汁、食塩、増粘多糖類、香料、塩化K、甘味料(スクラロース)、pH調整剤
【保証成分】
たん白質0.0%以上、脂質0.0%以上、粗繊維0.5%以下、灰分1.0%以下、水分96.0%以下
【エネルギー】
0kcal
【給与方法】
<給与量>
幼犬(生後6ヶ月~):1個以内、超小型犬~5kg:2個以内、小型犬5kg~10kg:3個以内、中型犬10kg~20kg:4個以内、大型犬20kg~35kg:5個以内、超大型犬35kg~:7個以内
※愛犬の健康状態、年齢、運動量を考慮したうえで給与量を目安に1日1~2回に分けてお与えください。
※お口の小さな愛犬にはスプーンなどでつぶしてお与えください。
※凍らせた場合は、便の状態や体調によって与える量を調整してお与えください。
【賞味期限】
18ヶ月
【原産国または製造地】
日本
【諸注意】
本商品は犬用で、間食用です。主食として与えないでください。
食べても無害ですが、幼児・子供が誤って食べないように注意してください。
犬の食べ方や習性によっては、のどに詰まらせることがありますので必ず観察しながらお与えください。
別記の与え方の給与量、および保存方法をお守りください。
子供がペットに与える場合は、大人が立ち会ってください。
幼児・子供・ペットのふれない所に保管してください。

【広告文責】
ハーマンズ株式会社
03-3526-5222
【製造販売元】
ペティオ
【生産国】
日本
【商品区分】
犬用スナック

ペットフード(食品)賞味(消費)期限について
最新の賞味(消費)期限でのお届けが出来るように、ご注文分を都度メーカーや問屋から最新在庫を取寄せし出荷しています。
賞味(消費)期限のお問い合わせや指定はこのような都合上お受け致しかねております。
また商品によってはメーカーにより期限の設定が無い場合がございます。

納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【ペティオ Petio】ペティオ アクアゼリー 4つのゼロ りんご風味 16g×17個入 犬 おやつ

 『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』を見た。1969年にニューヨークで行われた黒人文化を称えるフリーフェスティバルであるハーレム・カルチュラル・フェスティバルを撮影した映像に解説などをつけたものである。かなりちゃんと撮影したのにお蔵入りとなってしまったらしい。この撮影素材をミュージシャンのクエストラヴがドキュメンタリー映画化したのが本作である。

www.youtube.com

 コンセプトも演奏も大変しっかりしたもので、ブラック・イズ・ビューティフルということで黒人文化を称え、差別に抵抗し、コミュニティ作りに尽力することを目指すイベントである。6週間くらいかけて夏に毎週末やっていたそうで、ゴスペルが多い回とかラテン音楽ミュージシャンが多い回とか、ジャンルにバラエティもあって盛りだくさんだ。主演者の面々もそうそうたるもので、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやスティーヴィ・ワンダー、フィフス・ディメンションなど、有名ミュージシャンが揃っている。【激安】【砂遊び】【ねんど】【工作】【イベント・祭り】【景品】【縁日玩具】【お家遊び】【ものづくり】【モノづくり】 辰巳屋 ワンダーサンド 6コ入り(ピンク、グリーン、ブルー各2コ)はまるで女王のような風格で、歌やそこにこめられたメッセージの迫力はもちろん、背中が綺麗でないと着られない超オシャレな黄色いドレスもカッコいい。

 時代背景やミュージシャンのコンテクストや観客についてきちんと解説があるのもドキュメンタリー映画としては良いところだ。コンテクストによってそれにふさわしいジャーナリストやミュージシャン、実際に見に行っていた観客などが解説のために出演しており、ラテン音楽のところではリン=マニュエル・ミランダが出てくる。政治的暗殺や暴動みたいな深刻な歴史的話題から観客のファッションまでいろいろな説明がある。

 しかしながら一番大事なのは、この魅力的な映像素材が今までお蔵入りだったということである。ブラック・ウッドストックとして映像番組を作ろうとしたそうなのだが、ミュージシャンも観客も黒人中心だったために売れなかったそうだ。こういうものを価値がない、マーケットが受け入れないと思い込んでいたことはアメリカ文化にとって大きな損失だし、また差別の根強さとそれにまつわる文化業界の悪い思い込みを示すものでもあると思う。

  オンライン試写で『Rocks ロックス』をオンライン試写で見た。『サフラジェット』を撮ったサラ・ガヴロンの新作で、Bunkamuraの有料配信で見られる。

www.youtube.com

 主人公はロンドンのハックニーの公営住宅に住んでいるナイジェリア系・ジャマイカ系の15歳の少女ロックス(ブッキー・バックレイ)である。メイクアップアーティストになるのが夢の高校生だが、ある日突然、母が小さな弟のエマニュエル(ディアンジェロ・オセイ・キシェドゥ)を残していなくなってしまう。福祉局にバレると弟と引き離されてしまうと思ったロックスは、お金もないまま弟を連れて逃げ隠れして暮らすが…

 非白人の若い女性が主人公のケン・ローチみたいな感じで、とにかくリアル指向である。ロックスには良い友達がたくさんいるのでとりあえずはそこに頼れるのだが、頼れる友達はだいたい両親が揃っていて多少は広い家に住んでおり、そこまで問題のない家庭の子たちで、心配して泊めてはくれるもののロックスは福祉局とかしかるべき大人に相談すべきだと思っている。ふつうに考えるとそのほうが良さそうに思えるのだが、母親が帰ってくると期待し、人に頼らず弟と2人でなんとかやっていきたいと思っているロックスにとってはこれは弟と引き離されかねない選択で、とてもできることではない。同じ学校に通っている庶民的な地域の子たちでも、民族や経済状況、家庭環境によっていろいろな違いがあり、そこで考え方が違ってくることを繊細に描いている。

 しかしながら最後は比較的後味が良く、いろいろ仲違いもした少女たちがお金を集めて無賃乗車(全員分のチケットを買えなかった)でエマニュエルが預けられたヘイスティングスへ向かい、海辺の町でみんなで束の間の旅行を楽しむ。エマニュエルが元気そうにしているのを見て、とりあえずはこれでなんとかなるのかもしれない…と思い始めるロックスが友人たちと久しぶりにリラックスする終盤は、これまでの張り詰めた展開に比べるとかなり明るい。女の子たちがスマホで映像を撮影し合って海辺で遊ぶ場面では、ロンドンとはひと味違う開けたビーチの日光と空気が生き生きと感じられ、それまでに比べるとだいぶ楽しそうで、不釣り合いな大人の責任を背負わされた状態から解放されたロックスの表情は複雑だが多少は晴れやかになってきている。もちろん問題は山積みだし、母親は戻ってこないかもしれないという不安は続いているのだが、それでもロックスの今後についてある程度ポジティヴな印象を与えて終わっている。

 10/9(土)の18:30から、小川公代さんと著書の発売記念オンラインイベントをやることになりました。丸善ジュンク堂主催で、小川さんも『ケアの倫理とエンパワメント』を出されたばかりです。有料ですが、割引で本がついてくるチケットとかもありますので、よろしくお願い申し上げます。

Ferkurn Nintendo Switch/Switch Lite対応スティックカバースイッチ スティックカバー スティックカバー かわいい猫の爪ボタンカバーonline.maruzenjunkudo.co.jp

 

 

 既に今日からお店に並んでいるところもあるようですが、ちくま新書より『批評の教室――チョウのように読み、ハチのように書く』が明日発売です。批評をどうやって書けばいいか、わりと実践的に解説する本です(批評理論はあまり使わないで書きます)。よろしくお願い申し上げます。

 

 

)。よろしくお願い申し上げます。

 

 『ブライズ・スピリット 夫をシェアしたくはありません!』をオンライン試写で見た。わけのわからないタイトルがついているが、ノエル・カワードの有名な戯曲『陽気な幽霊』を演出家のエドワード・ホール監督で映画化したものである。既に一度、デヴィッド・リーンにより1945年に『陽気な幽霊』として映画化されている。

www.youtube.com

 舞台は1937年のイングランド、スランプに陥っている作家のチャールズ(ダン・スティーヴンズ)が主人公である。チャールズは前妻エルヴィラ(【送料無料】 2-24V音楽テスラコイルDIYモデル教育玩具)を亡くした後、ルース(アイラ・フィッシャー)と再婚していたが、執筆をずっと手伝ってくれていたエルヴィラが亡くなってから書けなくなっていた。チャールズはネタ探しのために霊媒師のマダム・アルカティ(ひのき脚 檜 家具脚 取替え脚 4本セット 10cm M8×24 調湿効果 抗菌効果 防虫効果 リラックス効果 継脚 高さ調整 ソファ ベッド 天然木 ヒノキ製 ソファ ベッド 取替え用 10cm脚(ネジ径M8×24mm) 4本セット)を家に呼んで降霊会を行うが、その時からエルヴィラの幽霊が出るようになってしまう。エルヴィラはルースに嫉妬し、夫を取り戻そうとするが…

 歴史的建造物を使った綺麗な撮影に芸達者な役者陣をそろえた作品で、笑えるところはたくさんあり、見る価値がないというわけではないのだが、全体的に戯曲を変えたところが相当にわちゃわちゃしている。とくに終わり方は強引すぎると思う。元々のカワードの戯曲やリーンの映画はシンプルながらとても洗練された作りなのだが、こちらの映画はどうもフェミニズム的色付けをしようとした…らしいものの、それがあまりうまくいっておらず、エルヴィラもチャールズも単に不愉快な人に見えるし、マダム・アルカティの話をわざわざ回収する必要もないような気がした。たしかに原作のちょっとミソジニー的になりそうなところを控える必要はあるのかもしれないが、それでもこんなに枝葉をつけなくてもそのあたりは演出で十分カバーできる戯曲だと思うので、無理にいじらないほうがよかったのではと思う。

 

 

 Festival/Tokyoの配信でリミニ・トラネコちゃんのマウスパッドでほっこりしてください。 アーティミス マウスパッド ごめん寝 茶トラ GN-MOP『Cargo Tokyo-Yokohama』の映像を見た。

www.festival-tokyo.jp

 2009年に日本でやった時の映像で、観客が荷物になり、トラックで新潟(実際の出発地点は東京なのだが、台本による体験は新潟からという設定)から横浜まで運ばれるというものである。かなり長くなるはずの行程を縮めて2時間くらい実際に道路で観客を運ぶ、運送旅程ダイジェストみたいな体験型演劇だ。なんかいろいろ面白そうなところはあるのだが、体験型演劇なので圧倒的に記録映像との食い合わせが悪い。さらに画質が悪くて車の中ではブレブレなので、様子がよくわからないし、写っている資料はあんまりよく見えないし、ブレブレ映像が続いて車酔いしそうになるところもある。途中でいろいろ運送に関する企業担当者レクチャーみたいなのがあったりして、なんだか単に展示とレクチャーが続くだけみたいに見えるので、たぶん実際に乗らないと全然、面白さがわからないのではという気がした。

リペアンは、斥力(反発力)を利用した、歯の汚れを浮かせて剥がすデンタルクリーナー。歯石が貯まりやすい子や、麻酔ができないシニア犬におススメ。 BYRON リペアン デンタルクリーナー 4個(60400004)

 ロンドングローブ座の『十二夜』を配信で見た。ショーン・ホームズ演出でライヴ配信されたものである。

www.shakespearesglobe.com

 コミカルでエネルギッシュな演出で、楽しめるプロダクションである。マルヴォーリオ(ソフィー・ラッセル)、フェステ(ヴィクトリア・エリオット)、サー・トービー(ナディン・ヒギン)などを女優が演じている。フェステはドレスを着て出てきたかと思ったら野球のユニフォームを着て出てきたり、かなりジェンダーフルイドである。ヴァイオラ(ミシェル・テリー)もオーシーノ(ブライアン・ディック)もオリヴィア(ショーナ・ババイェミ)もわりと大人な感じに作ってあるのだが、分別をもって振る舞わなければいけない年頃なのにみんなが恋のせいでアホなことばかりしているのがかえっておかしい。サー・トービーとサー・アンドルー(ジョージ・フォーエーカーズ)をはじめとする脇役陣が大変笑わせてくれる。

 セットはアメリカのどこかの町らしく、右上に「イリリアへようこそ」という看板がかかっている。衣装は現代の服装なのだが、ヴァイオラだけはかぼちゃパンツをはいていて外国人だということを強調している。衣装はけっこういいのだが、セットはちょっと疑問…というか、もっとシンプルにして役者の動きを際立たせるようにしたほうがいいと思った。右上には狩猟の獲物らしい鹿がかかっており、左側には遊園地の遊具みたいなトラの置物があるのだが、こういう小物類があんまりうまく活用されていない。この芝居には動物の比喩も出てくるのでそのせいで動物を模した小物があるのだろうが、立ち聞きの場面ではほぼステージ下の瓦礫置き場みたいな場所を使っているし、動物の置物を使う時もちょっと役者が触る程度である。全部とっぱらってそのぶん役者が動き回ったほうがいいのではと思った。あと、セバスチャン(キーラン・オブライエン)がやたら気取った感じなのはあまりうまく効いていないと思った。